AGAになりやすい人に見られる特徴

薄毛は運命とあきらめていませんか?

なぜ男性は薄毛になりやすいのか

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic_Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。 20~30代頃から額の生え際や頭頂部の薄毛が進行していく、成人男性によくみられる状態のことであり、この問題に世の男性は戦々恐々としています。 どうしてAGAに罹患してしまうのでしょうか。

その薄毛を克服せよ

毛根に悪さをしているのがDHTだということはわかりました。 男性ホルモンのテストステロンをDHTという悪魔に変貌させるフィクサーが5αリダクターゼだということもわかりました。 ならばAGA予防のための科学的・医学的アプローチがあるはずです。 AGAの予防法、そしてそれにともなうリスクについてみていきます。

アナタはAGAになりやすい生活をしていませんか?

昔、育毛剤のCMに「抜けはじめてわかる、髪は長い友だち」というキャッチフレーズがありました。

薄毛の悩みは男性に限ったことではありませんが、薄毛人口が圧倒的に多い男性は幾星霜にもわたり、この「友だち」を失う問題に悩み苦しんできたのです。
世界史上において、権勢をほしいままにしたカエサル、ルイ14世、ナポレオンといった絶対的権力者でさえ薄毛の克服まではいかんともし難く、苦悩し、あるいはコンプレックスにしていたと伝えられています。

現在、全国の69歳以下の成人男性4200万人の3分の1に近い約650万人がこの症状に対して何らかの対策をしているというデータもあります。
幸い医学の進歩と積年の研究の成果により、なぜ男性特有の脱毛症(以下、AGA)が存在するのか原因が究明されてきました。
AGAは男性ホルモンが毛髪育成の阻害要因となる脱毛症です。

脱毛における進行パターンに特徴があり、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなっていくタイプ、その混合タイプなどがあり、側頭部にできる円形脱毛症など他要因の症状と区別されています。
本来の発毛サイクルが乱れ薄毛を引き起こすことから病気の一つととらえてもいいでしょう。

実際、専門的に治療をおこなう医療機関もありますが、命に関わる病気ではないため、健康保険の適用外となります。
AGAの引き金となる主要因が男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)。
脱毛部にはこのDHTが高濃度にみられ、これが髪の成長の阻害要因となっています。
どうやらDHTの正体を知り、それにうまく対処していくことがAGA克服のカギとなるようです。

他に手立てはないものか?

治療には副作用や、治療費がバカにならないなどリスクがともなうことがわかりました。 では医療機関による治療という道以外に、AGAの予防、緩和の道はないのでしょうか。 育毛によい食材やサプリは何なのでしょうか? 育毛に良い生活習慣はどうすることなのでしょうか? 育毛に関する予備知識を確認していきます。

おすすめリンク

TOPへ戻る