薄毛は運命とあきらめていませんか?

なぜ男性は薄毛になりやすいのか

黒幕は5αリダクターゼだった。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンが変化したものです。
ではテストステロンがすべての元凶なのか。
実はテストステロンの役割は筋肉や骨格の形成、生殖機能の増強など、男性の若さの象徴なのです。

実際、加齢とともにテストステロンは減少していき、精力減退などをまねきます。
ではなぜ、加齢とともにDHTの素であるテストステロンは減少するのに髪の毛も減少するのか。
それはテストステロンをDHTに変化させる5αリダクターゼという酵素に原因があります。
つまり5αリダクターゼの分泌が多ければ多いほど、テストステロンはDHTに変化しやすくなりAGAを促進していくのです。

この5αリダクターゼはテストステロンを補助する役割があるのですが、テストステロンが減少したとき、体力維持をしていくため、分泌が促される傾向にあります。
加齢により薄毛が進行していくのはこのためなのです。

分泌量は優性遺伝

5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって決まると考えられています。
毛髪量に個人差があるのはそのためなのです。
この遺伝は優性遺伝のため、父親か母親、どちらか一方でも5αリダクターゼの分泌量が多いという遺伝子が存在すれば子どもに受け継がれていきます。
俗に「ハゲは遺伝する」というのは5αリダクターゼの分泌量が遺伝するということなのです。
しかし、それだけがAGAの決定要素ではありません。
髪の毛がフサフサの人は若々しく見えますが、逆にいえば心身が若々しいから髪の毛がフサフサだともいえます。
よく身体を鍛え、バランスのとれた食事をとっている人はテストステロンの分泌が盛んで5αリダクターゼが必要以上に分泌されることがありません。
AGAは遺伝なのだとあきらめ、何も努力しないことがAGAになりやすい人の最大の特徴なのかもしれません。


TOPへ戻る